【薬膳食材】老化防止や便秘、肌の乾燥にいい「松の実」を解説!おすすめ季節やレシピも紹介

MIHO

中国では「仙人の食」と言われ、滋養強壮や老化防止に良いと言われています

松の実の効能

タンパク質やビタミンEを多く含んでいることから、肌や内臓に潤いを与えてくれます。また、食欲や便通を促進させてくれます。

中医学でも肌を潤してくれる働きが非常に強いと言われており、老化防止にも期待できます。また、腸内の血や津液不足による便秘(結構硬めの便)を解消してくれます。

咳が出る症状にも効きます。ただ単に咳と言っても、今回は空咳のことを指します。痰がない空咳には松の実がおすすめです。

薬膳の体質分類では、陰虚体質の方に、特に摂取していただきたいです

MEMO
陰虚体質は、体の中の「血(けつ)と津液(しんえき:体の中の必要な水分の総称)」が不足している状態のことです。ほてり、便がカサつく、皮膚の潤いがない、などの不調が出ます。

おすすめの季節

乾燥する季節のに食べるのがおすすめです。秋は津液不足になりやすいので、便がかたくなりやすく、便秘の症状に悩まされる人が多いです。また、肌の乾燥にも注意が必要な季節。松の実で肌や内蔵を潤し、便秘や肌の乾燥対策をしてください。

おすすめの食べ方

スープに入れたりやふりかけにしてみると取り入れやすいです。フライパンなどで炒ると香ばしくなっておいしいですよ!ふりかけは料理教室でも評判でした☆

【薬膳レシピ】冷えの人に!5分でできる桜エビと松の実のふりかけ

もっと詳しく!薬膳の分類(性味・帰経)

食性(五性)

松の実は、微温に属しています。

MEMO
微温の食べ物は、体を少し温めてくれる働きがあります。

食味(五味)

松の実は、甘味に属しています。

MEMO
甘味には、味覚的な甘さの他に、消化機能を穏やかにする働きや栄養物質を吸収させやすい環境をつくる働きがあります。

帰経(きけい)

松の実は「肝」「肺」「大腸」に効き、便秘、肌の乾燥を防いでくれます。

サービス紹介

温活薬膳料理教室

東京都世田谷区で日本でも珍しい「温活薬膳料理教室」を運営しています。薬膳を体系的に学ぶ基礎コースから、薬膳カレーなどの変わり種まで、多彩なレッスンでおもてなしします。

ご予約はこちら

企業向け料理教室

企業様向けなどに、大人数での料理教室も承っております。
お客様との懇談会や、社員の方への健康教室など、様々な用途でお使いいただいております。

詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です