【薬膳食材】生活習慣病の予防には「胡桃(くるみ)」!驚くべき効果を紹介

MIHO

食べやすく、市販でも売っている胡桃!いろんな効果がありますよ♪

胡桃(くるみ)の効能

日本では縄文時代の遺跡から発掘されるほど古くから食用に使われてきました。中国では、実の形が「脳」の形に似ていることから、「補脳」と言われてきました。

実際に、オメガ3(n-3系)脂肪酸という栄養素が含まれており、コレステロールや中性脂肪値を下げるなどの効果があり、高血圧や糖尿病、肥満などの生活習慣病に効くという調査結果もあるほどです。

参考 くるみの最新の研究成果糖尿病ネットワーク

薬膳の体質分類では、気虚体質の方に、特に摂取していただきたいです

MEMO
気虚体質は、体の気が不足している状態です。ちょっと動くとすぐ疲れる、月経がダラダラ続くなどの症状が現れます。

おすすめの食べ方

ローストのままで売っているのでおやつ感覚でそのまま食べていただいても◎

パウンドケーキとかに入れても美味しく食べられます。

もっと詳しく!薬膳の分類(性味・帰経)

食性(五性)

胡桃は、温性に属しています。

MEMO
温性の食べ物は、体を温める食材です。冷えを感じる人などは積極的に食べてください!

食味(五味)

胡桃は、甘味に属しています。

MEMO
甘味のある食べ物は、気を補ってくれます。つまりパワーを補う力があります。

帰経(きけい)

胡桃は「腎」「肝」「肺」に効き、女性の味方!

サービス紹介

温活薬膳料理教室

東京都世田谷区で日本でも珍しい「温活薬膳料理教室」を運営しています。薬膳を体系的に学ぶ基礎コースから、薬膳カレーなどの変わり種まで、多彩なレッスンでおもてなしします。

ご予約はこちら

企業向け料理教室

企業様向けなどに、大人数での料理教室も承っております。
お客様との懇談会や、社員の方への健康教室など、様々な用途でお使いいただいております。

詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です