【薬膳食材】痰や咳を抑えてくれる蜜柑(みかん)!詳しく知りたい効能とは!?

MIHO

ビタミンCやフラボノイドが豊富なみかん!その効能をじっくり見ていきましょう

蜜柑(みかん)の効能

中医学ではみかんは肺に潤いを与え、渇きを沈め、食欲を増進させる働きがあると言われてきました。さらに近年では、みかんをよく食べる人には脳血管疾患の発症率が極めて低いことが発見されました。

  1. 食欲を増進し、気の巡りをよくする
  2. 喉の渇きを解消し、肺の粘膜を潤す
  3. 咳や痰を解消
  4. 胸の重ぐるしさを改善
  5. 体力がない冷え性を改善

上記の効果があると言われています。

 

薬膳の体質分類では、気滞体質の方に、特に摂取していただきたいです

 

MEMO
気滞体質とは気の巡りが悪い人のことを指します。情緒で痛さが変わる、食欲不安定などの症状があります。

もっと詳しく!薬膳の分類(性味・帰経)

食性(五性)

みかん、涼性に属しています。

MEMO
涼性の食べ物は、少し体を冷やす性質です。

食味(五味)

みかんは、甘味・酸味に属しています。

MEMO
甘味には、気を補う力があります。疲れている時に甘い性質のものを食べると元気になります。酸味の性質は、引き締める働きがあります。例えば、汗を引き締めたり尿もれを引き締めるなどの働きがあります。

帰経(きけい)

柿は「肺」「胃」に効き、風邪や食べ物のつまりを解消してくれます。

サービス紹介

温活薬膳料理教室

東京都世田谷区で日本でも珍しい「温活薬膳料理教室」を運営しています。薬膳を体系的に学ぶ基礎コースから、薬膳カレーなどの変わり種まで、多彩なレッスンでおもてなしします。

ご予約はこちら

企業向け料理教室

企業様向けなどに、大人数での料理教室も承っております。
お客様との懇談会や、社員の方への健康教室など、様々な用途でお使いいただいております。

詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です