【薬膳食材】胃を養うキャベツ!キャベツの効能とは

MIHO

胃を守ってくれるキャベツ!効能をご紹介します

キャベツの効能

キャベツは胃腸に優しい食材で知られています。その理由は抗潰瘍性成分(こうかいようせいせいぶん)であるビタミンUよるものです。ビタミンUはキャベツから発見されたので「キャベジン」と言われています。

  1. 体の中の毒素を排出してくれる
  2. 胃の働きを回復させ、虚弱体質を改善し体の生理機能を整える
  3. お腹の膨満感、胃のシクシクした痛みの改善
  4. 甲状腺機能亢進、甲状腺の腫れの解消
  5. 二日酔い、胸焼けの解消

 

薬膳の体質分類では、気虚・気滞体質の方に、特に摂取していただきたいです。

MEMO
気虚体質とは、気が不足している状態のこと。疲れやすい、胃下垂などの症状が現れます。

気滞体質とは体の中の気のめぐりが悪い状態のこと。食欲が不安定、お腹が張りやすいなどの症状が出ます。

もっと詳しく!薬膳の分類(性味・帰経)

食性(五性)

キャベツは、平性に属しています。

MEMO
平性の食べ物は、体を温めもせず、冷やしもしない取り入れやすい食材です。

食味(五味)

キャベツは、甘味に属しています。

MEMO
甘味には、気を補う力があります。疲れている時に甘い性質のものを食べると元気になります。

帰経(きけい)

キャベツは「肝」「胃」に効き、胃を養ってくれます。

サービス紹介

温活薬膳料理教室

東京都世田谷区で日本でも珍しい「温活薬膳料理教室」を運営しています。薬膳を体系的に学ぶ基礎コースから、薬膳カレーなどの変わり種まで、多彩なレッスンでおもてなしします。

ご予約はこちら

企業向け料理教室

企業様向けなどに、大人数での料理教室も承っております。
お客様との懇談会や、社員の方への健康教室など、様々な用途でお使いいただいております。

詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です