【薬膳食材】秋が旬な「梨」の効能とは?摂取するべき季節とは?レシピも紹介

MIHO

水分が90パーセント含む梨。その効能を説明します

梨の効能

梨は、夏に消耗した汗(薬膳では津液(しんえき)と言う)を補って潤してくれる働きがあります。夏は暑くてジメジメしますが、秋になると空気が乾燥してきて、肌の潤いがなくなっていきます。その症状を感じる前に梨を食べることで、肌に潤いを与えて乾燥を防ぎます。(生津(せいしん)、生肌)

また痰が絡む咳を鎮めるには梨がいいと言われています。梨には痰を取り除いて肺を綺麗にし、咳を鎮める(化痰(かたん)、止咳(しがい)、潤肺(じゅんぱい))という働きがあります。

二日酔いで気持ち悪くなる症状を軽減効果も期待できます。

薬膳の体質分類では、陰虚(いんきょ)体質の方に、特に摂取していただきたいです

MEMO
陰虚体質は、体の中の「津液(しんえき:体に必要な水分の総称)と気(き:体に必要な「パワー」)が不足している状態です。症状としては、肌の乾燥、便が硬い、ほてりなどが現れます。

おすすめの季節

夏の終わりから、秋になるとスーパーで目にしますよね。その頃から食べ始めると、秋の不調を和らげることができます。

おすすめの食べ方

梨は体を冷やす食材ですので、スパイスなどと一緒に煮てコンポートなどで食べることをおすすめします。また、肌の潤いや声の枯れがきになるのであれば、レンコンと一緒に召し上がってください。

【薬膳レシピ】秋の空咳に!「梨とレンコンのサラダ」

もっと詳しく!薬膳の分類(性味・帰経)

食性(五性)

梨は、に属しています。

MEMO
涼の食べ物は、体の熱を冷ます働きがあります。その反面体を冷やしてしまいがち。

食味(五味)

梨は、甘味・微酸に属しています。

MEMO
甘味には、味覚的な甘さの他に、消化機能を穏やかにする働きや栄養物質を吸収させやすい環境をつくる働きがあります。酸味には引き締める働きがあります。例えば、尿もれを引き締めたり、汗の出すぎを引き締める働きがあると言われています。

帰経(きけい)

梨は「肺」「胃」に効き、むくみ、食欲不振でお悩みの方におすすめです。

サービス紹介

温活薬膳料理教室

東京都世田谷区で日本でも珍しい「温活薬膳料理教室」を運営しています。薬膳を体系的に学ぶ基礎コースから、薬膳カレーなどの変わり種まで、多彩なレッスンでおもてなしします。

ご予約はこちら

企業向け料理教室

企業様向けなどに、大人数での料理教室も承っております。
お客様との懇談会や、社員の方への健康教室など、様々な用途でお使いいただいております。

詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です